貧困

子ども支援、貧困対策の救世主としての「居場所」を考える

近年、教育や福祉の界隈で「居場所づくり」というキーワードを本当によくききます。たとえば、
「子どもの貧困対策」に50億円 放課後の居場所100カ所、日本財団とベネッセなど」などの大きな取り組みも開始されています。

 

居場所は感覚的なものであり、一体どういうもので、どうやったら居場所になるの?という答えを見出すことはとてもむずかしいことだと思います。一方でファジーな言葉だからこそ、多くの人に響いて、ここまで「居場所づくり」が一般化しているのだとも思います。

 

▶実践を通して考えた「居場所」

実は現在、修士論文を書く傍ら、子ども・若者の支援をする人材の育成を、NPO法人PIECESで「コミュニティユースワーカーの育成」として行っています。
その育成では、虐待や家庭内での問題、学校での問題を抱える子たちに寄り添うために必要なこととして、1)居場所の形成、2)関心の引き出し、3)社会との接続などをあげて、実践をしながらチームで学んでいっています(活動報告ブログ)。

この1)〜3)には、プロセスがあります。「やりたい」というような関心の芽がでる前段階には、長い時間をかけたケアや寄り添いが必要で、そこで信頼関係を築き、「ここにいていいんだ」という安心としての「居場所」を形成し、「人と人との関係性」をつくりあげることが重要となってきます。それがあってはじめて、2)のフェーズに映ることができます。つまり、「居場所」は子ども支援には欠かせません。

普通の子が家庭や学校に「居場所」を持ち発達していくのに比べて、虐待やいじめなど、家庭や学校に「居場所」がなく、人から愛情や関心を払ってもらってこなかった場合には、それ以外の場所に「居場所」をつくっていくことが重要になってきます。そしてPIECESでは、そんな居場所の要となるのは「人」だと考え、人を育成しています。(詳細についてはPIECESのブログでも追って書いていきます)

 

▶「居場所」の研究の整理

こんな活動をしていることもあって、「居場所」について考えることが多いのですが、実は約2年前にも、「居場所」について研究の観点からも考えていました。その際に、「居場所」というキーワードの入った心理学の研究をレビューをしていたので、それについてシェアをしようと思い久々のブログを書くことにしました。

以下は、その2年前に整理したものです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
0.「居場所」の成り立ち
▶背景:不登校問題からの「居場所」
・1980〜 教育学・社会学から、不登校の問題などが指摘される
・1985  フリースクール「東京シューレ」が開設される
⇒居場所への関心が高まる
・1992  文部科学省が、居場所づくりを提唱(不適応対策調査研究協力者会議)
・1990〜 心理学分野での「居場所」研究がはじまる(不登校との関連、小中学生対象)
・2000〜 対象が青年期、幼児期、成人期などへ拡大

 

1.「居場所」とはなにか?
「居場所」は、学術用語ではない。

▶先行研究における定義
スクリーンショット 2016-08-11 17.16.17
▶居場所の分類と役割〜発達段階に応じて〜
◯藤竹(2000)は、居場所を、「社会的居場所」「人間的居場所」「匿名的居場所」に分類。
◯杉本(2009)は、先行研究の整理と、自らの実証的研究によって、
・居場所を「自分ひとりの居場所」「友達のいる居場所」「家族のいる居場所」に分類
・それぞれの分類に対する優先順位が、発達段階に応じて変わる
・たとえば、中学生に比べ、大学生は「サークル」「バイト先」など、住環境と学校の他の活動を居場所とする傾向が強くなる。また、それ以外の居場所が増える。
などを明らかにしている。

名称未設定

▶どういう機能、条件があれば「居場所」か?
居場所の心理的構造(居場所尺度から)
居場所の条件
スクリーンショット 2016-08-11 17.17.01

▶まとめ
これらを統合すると、居場所とは、
当事者の主観的な心理状態が、自分にとって心地よい状態であり、さらにその心理状態に影響を及ぼす、対人関係、物理的環境も含めたものと言える。
名称未設定2

 

2.「居場所」と関連する症状・心理的側面について〜「居場所」は必要なのか? 〜
◯精神的健康、学校適応、不登校傾向と関連している
・杉本(2009)の実証的な調査によれば、中学生において「友だちのいる居場所」がある生徒は、ない生徒に比べ、イライラ、無気力が低い良好な精神的健康度であり、学校適応が高く、不登校傾向が低い。

・また、杉本(2009)は、中学生の頃に「友だちといる居場所」があったことは、大学生の現在の良好な精神的健康度とも関連することを、回想法を用いて示している。

◯自我同一性拡散と関連している
・堤(2002)の実証的研究によれば、同一性混乱の度合いが高いものほど、対他的疎外感としての自分の居場所がないと感じる傾向・自己疎外感としての居場所がない感覚が大きい。(この研究では、自我同一性混乱尺度(砂田1979)(エリクソンのidentity diffusion statusをもとに作成)が用いられている)

◯心理社会的不適応との関連
佐藤ら(2013)の質問紙調査によれば、中学生の頃に家族といる居場所がない人は、大学生の心理社会的適応に結びつくことが示唆された。

◯居場所がないということ
住田(2003)は、「居場所がない」「ひとりでいる居場所のみを持つ」子どもの特徴として、
・家庭でのコミュニケーションが少ない。
・居場所のない子の8割は、学校が楽しいと思っていない。
・教師とのコミュニケーション頻度低く、ほめられることが少なく、叱られることが「よくある」と思っている。
・自己評価が低く、学業成績も「あまり良くない」、クラブ活動も「あまり得意でない」と思っている。
・友だちとの相互理解度が低い。友だちの数も、居場所ある子に比べて少ない。
などを明らかにしている。

 

3.「居場所」と対人関係
▶青年期の友人関係について
・杉本(2009)の女子大学生に対する半構造化インタビューによれば、「中学の頃から、友達はたくさんいても、友だちのなかに「居場所」がないことを悩んでいる」という。
・塾や習い事をしている人の方が、していない人に比べて、居場所感が高い(石本2007)。
・友人関係の希薄は、青年の精神的健康や発達との関連において望ましくない影響を与える
(石本ら 2009)

▶家族との居場所(杉本2009)
・幼少期に親と不安定な愛着関係がある場合、中学生でも「家族との居場所」がない。
・家族の居場所がない子は、「遊び・非行の関連する不登校」になりやすい。
・家族の居場所の有無「抑うつ・不安」「無気力」「身体症状」に影響大。学校享受感にも影響。

▶重要な他者の移り変わり
・親から親友へと重要度が移行する(高橋・米川2008)
・則定(2008)は、青年期の心理的居場所感における親友の関係性は、特に「安心感」「本来感」などの感情が高まることを明らかにしている。
・大学時代の恋人への愛着形成は、アイデンティティ形成に影響を与える(Berman et al., 2006)

▶「居場所」があることの弊害
・若者の関係性ネットワークについて
藤原(2010)は、若者の友人ネットワークは、仕事選びや生き方に大きな影響を与え、経済的にも助け合いなどが行われる一方で、そこにとどまらせてしまい、非正規雇用の連鎖から抜け出せない、地元にとどまるなどの弊害も出ていることを指摘した。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

参考文献リスト

【転記】2014夏休み

こちらの記事は、研究室のブログの転記です。

 

秋をまたいで冬にさしかかっておりますが、【夏休みの過ごし方】について、振り返ってみようと思います。

 

M1は、M2の方々のように実践や開発など大きな研究イベントがありません。
何を書こうかしら…と思いながら、夏休みを振り返ってみたところ、「まち」というキーワードが浮かんできたので、その方向で書きたいと思います。

 

入学当初の春頃、私は「居場所」というキーワードで先行研究をみたりしていました。
「居場所」はとても曖昧な言葉なので、使われる文脈によって意味はさまざまですが、主に「心」を重視するタイプと「場所」を重視するタイプに分けることができます。
「心」を重視するタイプは、心理学の分野で用いられており、本人が「居場所がある」と感じることができればある意味どこでも「居場所」になり得ると言えます。「場所」を重視するタイプは、建築や都市工学などで、まちのソフトの側面に着目したコミュニティデザインなどで用いられたり、公園などの公共の場づくりの文脈で用いられたりもします。私の研究としては「心」の居場所の方が近いのですが、個人的には「まち」にも興味があり、夏休みはそのようなワークショップに参加したり、ワークショップを実践したりしました。

 

そのなかのひとつは、大学院のリーディングプログラムの一環で行われた「東京の2030年を考える」というワークショップです。
このワークショップはなかなかヘビーで、事前準備を数日かけて行い、その後2日間のワークショップを行うという構成でできています。事前準備では、まず、それぞれテーマごとにグループを編成し、そのグループごとに先進的な事例を視察します。テーマは、リノベーションや農業の住まいの話、都市開発など多岐にわたっていました。私は、ものづくり×場所、貧困×住まいというテーマで、FABLABなどにお話を伺いました。
そして、ワークショップ当日は、それぞれの事例を報告しあい、ディスカッションをしながら議論を深めていきました。豊富な事例が紹介され、さまざまな視点から「東京」を考えるとても濃密な時間を持つことができたように思います。さらに最終的には、東京の2030年のあり方に関して提案をするところまで行いました。
ディスカッションをしていくなかで「まち」というものは本当に多様なステークホルダーを持っているが故に、
それらの意見を収集した上である一定の方向性を探りつつ、多様性を残していくということは大変だな、ということを改めて感じました。

そんなようなワークショップに8月に参加し、9月は自分自身がワークショップを実施しました。

 

これは、「メディアリテラシーについて学ぶワークショップをつくる」というお題のもと、チームをつくり実践を行うという大学院の授業の一環で行いました。私たちのチームのワークショップは、「まちのパラレルワールド!?〜顔出しパネルワークショップ〜」というものです。ざっくり言うと、「まち」のイメージというものがいかに生成されているかを学び、「まち」のイメージを表すような顔出しパネルをつくるという内容です。

スクリーンショット 2014-11-21 20.56.41

実践までは紆余曲折ありましたが、当日はなんとか実施することができ、実際につくった顔出しパネルを池袋にもっていき記念撮影も行いました。
スクリーンショット 2014-11-21 21.00.12

このワークショップのポイントである顔出しパネルをつくるためには、その「まち」のさまざまな要素について考える必要があり、さらにそれをひとつの制作物に落とし込まなくてはなりません。実はこの議論と制作の過程は、まちづくりの話し合いで必要なものと通ずるところがあるのかもしれないな、と今になっては思ったりもします。

と、いうことで、研究以外ではこのような活動をして過ごした夏でした。
これから日本は、超高齢社会に突入し、少子化が進み、空き家が増え続けていくことでしょう。そんな未来を考えるためにも、個人的な関心事として、まちづくりにはこれからも目を向けていきたいと思います。
そしてそして、来年の夏休みは研究に捧げることになるでしょう!

ごきげんよう!

青木翔子